日本ハンドボールリーグ(JHL)の琉球コラソンは26日、広島県のマエダハウジング東区スポ―ツセンターで湧永製薬と対戦し、27ー28で敗れた。現在の成績は6勝1分け5敗で、順位は一つ下がって5位となった。

 前半は17ー14とリードして折り返したものの、後半の最終盤に逆転を許し、逃げ切られた。上位4チームで行われるプレーオフ(PO)進出を目指すコラソンにとって、順位がきっ抗する湧永戦を落としたことは手痛い1敗となった。

 次戦は2017年2月11日、沖縄市体育館でトヨタ車体と戦う。(観客数355人)▽男子湧永製薬 6勝2分け3敗 28―27(14―17,14―10)琉球コラソン 6勝1分け5...    
<記事全文を読む>