十両優勝の行方は千秋楽に持ち込まれた。大相撲の小柳(おやなぎ)(新潟市北区出身)は14日目の26日も白星を挙げ、他の2人と共に3敗で並走、優勝戦線に残った。十両昇進直後の場所での快進撃。県内の相撲関係者からは大一番に向けて小柳にエールが送られた。

 「優勝が見えてきた」。県内で相撲の普及に取り組む一般社団法人「どすこい越後」事務局長の五十嵐茂さん(57)=三条市=は千秋楽の勝利を願う。

 五十嵐さんは横綱日馬富士関、大関照ノ富士関らがいる伊勢ケ浜部屋と交流を重ね、子どもたちに相撲の魅力を伝えてきた。「伊勢ケ浜部屋には日馬富士ら強い力士がいる。小柳も早く番付を上げて、伊勢ケ浜部屋の力士と対戦...    
<記事全文を読む>