リオデジャネイロ・パラリンピックの車いすテニスで銅メダルに輝いた上地結衣選手(22)=明石商業高校出身=が26日、明石署の一日警察署長を務めた。サイドカーで明石公園周辺をパレードするなどして、防犯活動や交通安全をPR。魚の棚商店街(本町1)では、車いすから制服姿で、買い物客らに笑顔で手を振っていた。

 上地選手は、大久保小学校時代に車いすテニスを始め、2大会連続でパラリンピックに出場。リオ大会では、日本選手団の旗手も務めた。一日署長は、明石公園で開かれた同署の「年末特別警戒活動発隊式」に合わせ、招かれた。

 発隊式で上地選手は、警察官の制服姿で署員やパトカーなどを点検し、「市民や明石を訪れ...    
<記事全文を読む>