【東京=綱島徹、越谷奈都美】日本女子ソフトボールリーグ1部のリーグ戦上位4チームで年間最終順位を決める決勝トーナメントは26日、東京の神宮球場で開幕し、リーグ2位の太陽誘電は同1位のトヨタ自動車に0―4で敗れ、同3位のビックカメラ高崎は同4位の日立に4―7で負けた。

 4チームによる決勝トーナメントは敗者復活を含むページシステムで実施され、27日は誘電と日立が対戦し、その勝者が決勝でトヨタと顔を合わせる。

 2連覇を狙ったビックは決勝トーナメント敗退となった。

...    
<記事全文を読む>