アジアリーグアイスホッケーの東北フリーブレイズは26日、中国・上海でドラゴンと対戦し、4―3で競り勝った。同一カード3連勝。勝ち点を58に伸ばし、順位は2位のまま。

 1点を追う最終第3ピリオド13分にマット・ポープのこの日2ゴール目で同点とし、試合終了間際に山下拓郎が決めて土壇場で勝ち越した。

 若林クリス監督はチームを通じ「集中力を切らさず我慢して戦い、最後はゴールに対する執念から決勝点を挙げることができた」とコメントした。

 ブレイズは12月3日、栃木県日光市でアイスバックスと対戦する。

...    
<記事全文を読む>