. 国内唯一の聴覚障害者によるビーチバレーボールの大会「ジャパンデフビーチバレーボールカップ2016」が26日、川崎市川崎区の川崎マリエンで開かれ、全国から集まった10チームが白砂の上で熱戦を繰り広げた。優勝は、男子が今井勇太、佐藤淳吾選手のペア(大阪)で、女子は井上奈々絵、今井優選手のペア(静岡)だった。

 日本代表候補同士の対戦となった男子決勝で、今井選手らのペアは、地元神奈川の竹村徳比古、瀬井達也選手のペアを下した。今井選手は「初めての優勝でうれしい。デフリンピックが来年、トルコで開かれるので、この結果に慢心することなく、頑張っていきたい」と語った。竹村選手=横浜市金沢区=は「悔しい...    
<記事全文を読む>