新体操の全日本選手権第2日は26日、東京・国立代々木競技場で行われ、男子個人総合で永井直也(青森大)が合計72.050点で2位となった。初優勝した臼井優華(中京大)に2.575点差だった。

...    
<記事全文を読む>