グランプリ(GP)シリーズ最終戦、NHK杯第2日は26日、札幌市真駒内セキスイハイムアイスアリーナで行われ、男子は羽生結弦(ANA)が、今季世界最高をマークしたショートプログラム(SP)に続いてフリーも首位で、合計でも今季世界最高の301・47点で、この大会2年連続3度目の優勝を果たした。女子で2位となった宮原知子(関大)とともに、12月のGPファイナル(マルセイユ=フランス)への進出が決まった。

 この日のフリーで冒頭のループなど三つの4回転ジャンプを成功させた羽生は、連続ジャンプでの転倒こそあったが、197・58の高得点をマークし、合計268・91点で2位のネーサン・チェン(米国)に...    
<記事全文を読む>