大相撲九州場所14日目の26日、既に負け越しが決まっている新三役で東小結の御嶽海(木曽郡上松町出身、出羽海部屋)は、西関脇の隠岐の海と対戦し、突き落としで勝った。

 5勝9敗とした御嶽海は27日の千秋楽、前頭4枚目の千代の国と当たる。

...    
<記事全文を読む>