大相撲九州場所13日目の25日、幕下は西9枚目の照強(てるつよし=兵庫県南あわじ市出身、伊勢ケ浜部屋)が元幕内の鏡桜(モンゴル出身、鏡山部屋)との全勝対決を制して7戦全勝で優勝し、来場所の新十両昇進を確実にした。序二段は朝山端(あさやまばな=同県加西市出身、高砂部屋)が7連勝で制覇した。

 三段目と序ノ口は27日の千秋楽に優勝決定戦が行われる。三段目は右膝手術による2場所連続全休明けの元小結常幸龍(東京都出身、木瀬部屋)と朝日龍(モンゴル出身)が7戦全勝で並んだ。序ノ口はともに7連勝の小笠原(青森県出身)と庵原(静岡県出身)の伊勢ケ浜部屋勢対決となった。【照強の話】 きつい稽古を毎日やっ...    
<記事全文を読む>