◇大相撲九州場所<13日目> 鶴竜は白鵬との横綱対決を寄り切りで制し、1敗で単独首位を守った。14日目にただ一人2敗の横綱日馬富士が敗れて鶴竜が勝てば、鶴竜の7場所ぶり3度目の優勝が決まる。白鵬は4敗目。

 大関豪栄道は日馬富士に上手投げで敗れて4敗目を喫し、今場所後の横綱昇進が絶望的となった。大関稀勢の里は平幕栃ノ心の下手投げに屈し、新入幕の石浦とともに3敗に後退した。大関照ノ富士を破った小結玉鷲は勝ち越した。照ノ富士は8勝5敗。

 十両は2敗の青狼が単独トップを守った。

 取り直しの一番。残る力を全てぶつけるように上手投げを放つと、勢い余って土俵下へ飛び降りた。

 2敗に踏みとどまる大きな白...    
<記事全文を読む>