日本ソフトボール界を引っ張った斎藤春香。今も多くの人に慕われ、東京五輪に向け表舞台での活躍を期待する声も少なくない。栄光の軌跡を封印し、古里に根を張って競技普及に身をささげる。その闘いをつづる。(敬称略)◎敗れざる人(4)選手引退/やれるだけのことはやった どんな名選手にも現役を退く時が来る。1996年アトランタ五輪ソフトボールで3打席連続本塁打を放った斎藤春香(46)=弘前市職員=は、30歳を過ぎた頃が峠にさしかかったと言えるかもしれない。<体の衰え予想以上> 30歳で迎えた2000年シドニー大会。決勝で大本命の米国と大激戦を演じながらも銀メダルに終わった。国民は「限りなく金に近い銀...    
<記事全文を読む>