大相撲九州場所12日目(24日・福岡国際センター)盛岡市出身で東前頭6枚目の錦木(伊勢ノ海部屋、盛岡・米内中)は、西筆頭の碧山にはたき込みで敗れ、9敗目を喫した。

 立ち遅れた錦木は碧山の突っ張りで完全に顎が上がった。上体も伸びたところで、あっさりとはたき込みに屈した。

 13日目は東11枚目の旭秀鵬と対戦する。

...    
<記事全文を読む>