◇大相撲九州場所<12日目> 大関稀勢の里が横綱日馬富士を寄り切り、1月の初場所の琴奨菊以来、昭和以降10人目の横綱戦3日連続勝利を果たした。稀勢の里、日馬富士ともに10勝2敗。

 横綱鶴竜は大関琴奨菊を寄り切り1敗を堅持、新入幕石浦が2敗目を喫したため単独トップに立った。琴奨菊は9敗目。横綱白鵬は大関照ノ富士に寄り切られて3敗に後退した。照ノ富士は勝ち越してかど番を脱出。綱とりが厳しい大関豪栄道は9勝目を挙げた。関脇高安は負け越し。

 1敗の鶴竜を2敗で日馬富士、稀勢の里、石浦が追う。十両は青狼が2敗で単独首位。

     ◇ 何度も期待を裏切られて、なおファンの心が離れないのは、忘れたころ...    
<記事全文を読む>