所沢市は、市民に夢と希望を与える顕著な功績があったとして、リオデジャネイロ五輪の競泳男子400メートル個人メドレー銅メダリストの瀬戸大也選手(22)と同200メートルバタフライ銀メダリストの坂井聖人(まさと)選手(21)を特別顕彰した。

 両選手は市内にキャンパスがある早稲田大スポーツ科学部の学生であることから、所沢ゆかりの選手として選ばれた。

 市役所1階の市民ホールで開かれた贈呈式で、藤本正人市長が両選手に表彰状と盾を手渡した。2020年東京五輪について、瀬戸選手は「一番いい色のメダルを取りたい」、坂井選手は「2種目に出場してメダルを取りたい」などと抱負を語った。

 リオ五輪・パラリンピ...    
<記事全文を読む>