大相撲九州場所11日目(23日・福岡国際センター)盛岡市出身で東前頭6枚目の錦木(伊勢ノ海部屋、盛岡・米内中)は、西6枚目の栃ノ心に寄り切られ、今場所2度目の3連敗。3場所ぶりの負け越しが決まった。

 錦木は栃ノ心に差し負けて右四つ。互いに左上手が取れず動きが止まる。出ながら上手を取った栃ノ心の寄りに後退し、力なく土俵を割った。

 12日目は西筆頭の碧山と対戦する。

...    
<記事全文を読む>