◇大相撲九州場所<10日目> 横綱鶴竜はかど番の大関照ノ富士を危なげなく寄り切り、10連勝で単独首位を守った。照ノ富士は3敗目。

 横綱白鵬は大関稀勢の里に寄り切られ、ともに8勝2敗となった。横綱日馬富士は関脇高安を外掛けで退けて1敗を維持。高安は6敗目。横綱昇進が厳しい豪栄道は、大関対決で琴奨菊を押し出して連敗を2で止め、7勝目を挙げた。琴奨菊は7敗目。関脇隠岐の海は負け越した。

 全勝の鶴竜に日馬富士と新入幕の石浦が1敗で続き、2敗は白鵬、稀勢の里、荒鷲の3人。十両は大砂嵐が1敗で首位。

    ◇ 優勝戦線に残っているとはいえ、星二つ分の劣勢。相手にもすでに土がついていて、この一番が今場...    
<記事全文を読む>