【佐呂間】アイスホッケーに似たカナダ発祥の氷上競技「ブルームボール」の男子チーム「サロマヴァイス」が、1~5日にカナダで開かれた世界大会に初出場し、6カ国12チームが参加した予選では全敗したものの、下位4チームによるトーナメントで初勝利を挙げて銅メダルを獲得した。メンバーは「いい経験になった」と喜んでいる。

 サロマヴァイスは2014年度に発足し、町職員や会社員、漁業者ら20代前半を中心に22人が所属。このうち13人が世界大会「ワールド ブルームボール チャンピオンシップス」のメンズ部門に出場しカナダや米国、イタリア、スイス、フランスのチームと競った。

 予選は変則のリーグ戦。6戦したサロ...    
<記事全文を読む>