25日開幕のグランプリ(GP)シリーズ最終戦NHK杯(札幌市)で、男子の21歳、日野龍樹(りゅうじゅ)(中京大、東京都調布市出身)が遅咲きとなるGPデビューを果たす。同じ邦和スポーツランドで練習する山本草太(そうた)(愛知みずほ大瑞穂高)の負傷辞退による代替出場だが、待ち焦がれていた舞台に懸ける思いは強い。

 (原田遼) 担当コーチからの電話で出場を知った時は言葉が出なかったという。「夢みたい。信じられなかった」。ともに出場するソチ五輪金メダリストの羽生結弦(ゆづる)(ANA)と昨季全日本選手権4位の田中刑事(けいじ)(倉敷芸術科学大)は同学年。小学生時代には常に2人と表彰台を争い、一番...    
<記事全文を読む>