【宇都宮】御幸町の日本空手協会県本部宇都宮支部「青雲館」に通う米良裕一朗(めらゆういちろう)さん(15)=鬼怒中3年=はこのほど、「文部科学大臣杯第59回小学生・中学生全国空手道選手権大会」の個人戦中学3年生男子の部で総合優勝を飾った。小学5年生の時にも同大会の組手の部で優勝しているが、総合優勝は初めて。「日頃の練習の成果が発揮できて良かった」と笑顔を見せた。

 同大会は同協会が主催する国内最大級の大会。米良さんは、形の部3位、組手の部1位となり、総合成績で頂点に立った。

 組手の決勝戦。優勝が決まる試合に、大勢の視線が注いだ。試合序盤に「技あり」を決め、優勢だった終盤。相手が足を払ってき...    
<記事全文を読む>