ボクシングの第86回全日本選手権最終日は20日、愛媛県松前町の松前公園体育館で8階級の決勝を行い、県勢はミドル級の梅村錬(拓大1年、江南義塾盛岡高)が準優勝した。

 梅村は決勝で前回の準決勝、岩手国体の決勝で敗れた高橋諒(愛媛県競技力向上対策本部)と対戦。0-3で判定負けを喫し、雪辱はならなかった。

...    
<記事全文を読む>