フットサルのゼビオFリーグ第20節最終日は20日、苫小牧市総合体育館ほかで2試合を行い、エスポラーダ北海道は仙台を4―2で下し、4試合ぶりの勝ち星を挙げた。

 エスポラーダは1―2で迎えた後半10分すぎから立て続けに3点を奪い逆転勝ちした。通算成績は6勝2分け12敗の勝ち点20で順位は9位のまま。

 次節は23日午後2時から北海きたえーるで11位の浜松と対戦する。

...    
<記事全文を読む>