【清水】長野五輪スキージャンプ団体金メダリストの原田雅彦さんと、アルペンスキー元五輪代表の川端絵美さんが19日、町内のハーモニープラザで対談し、子供たちがスポーツを楽しむことの大切さを訴えた。

 子供たちがスポーツに親しむ環境をつくろうと、道が主催。町内の保護者やスポーツ少年団の指導者ら約50人が耳を傾けた。

 競技を始めたきっかけについて、原田さんは「生まれた上川町にジャンプ台があり、遊びの延長で飛び始めた」と紹介。「山や川で遊ぶことで自然と体づくりができた」と振り返った。

 父親の方針でスキーを始めたという川端さんは、選手として大切な運動神経を子供のころに養う重要性を強調。「自分は夏は一...    
<記事全文を読む>