アイスホッケーの第37回全国中学大会関東代表決定戦は19日開幕し、日光霧降アイスアリーナで代表決定戦を行った。本県の日光東は11-0で群馬選抜に快勝し、来年1月19日から岩手県で開催される全国大会の出場を決めた。日光東の全国大会出場は2年ぶり。日光は2-5で神奈川選抜に敗れ、敗者復活トーナメントに回った。

 日光東は第1ピリオド2分45秒にFW上野鉄平(うえのてっぺい)のゴールで先制。さらに立て続けにゴールを重ね、第1ピリオドを終え7-0と大量リードを奪った。その後も試合の主導権を握り続け、相手を圧倒した。

 日光は第1ピリオド7分9秒にカウンターから先制を許すなど、序盤から失点を重ねた。...    
<記事全文を読む>