大相撲九州場所8日目(20日、福岡国際センター)の郷土勢は、幕下の白鷹山(白鷹)が栃飛龍を押し倒しで下し、2勝目を挙げた。琴福寿野(舟形)は下手投げで巨東に敗れ、3敗目を喫した。琴鎌谷(千葉、佐渡ケ嶽親方の長男)は富栄に押し出された。

 序二段の琴大興(東根)ははたき込みで山本に、高馬山(米沢)は栃佐藤に押し出しで敗れた。高倉山(米沢)は斎藤に寄り切られた。ほかは取組がなかった。

...    
<記事全文を読む>