世界最高峰のヨットレース「アメリカズカップ(アメリカ杯)」の前哨戦となるワールドシリーズ福岡大会は19日、1日目のレースを福岡市中央区地行浜沖の博多湾で行った。地行浜の観戦エリアには約6千人が詰め掛け、海上にも約170隻の観覧艇が出て日本の「ソフトバンク・チーム・ジャパン」など6チームの熱戦に歓声を上げた。

 アメリカ杯は1851年から続く伝統のレース。ワールドシリーズは来年6月にあるアメリカ杯の予選に当たり、アジア初開催となる福岡大会は最終の9戦目。初日は3レースがあり、日本は第2レースを制したが合計で5位発進となった。1日目を終え、英国「ランドローバー・BAR」が1位、前回覇者の米国...    
<記事全文を読む>