第13回湊谷杯全国学生柔道体重別選手権第1日(19日・白山市松任総合運動公園柔道場=北信越学生柔道連盟、北國新聞社主催)女子個人7階級に熱戦が展開され、地元石川の金沢学院大勢は70キロ級で橋高朱里、78キロ超級で渡辺心実がそれぞれ優勝し、70キロ級で春藤美和、78キロ級で松田なみきが準優勝する活躍を見せた。

 今年の大会は6月15日に亡くなった元世界王者の湊谷弘北信越学生柔道連盟名誉会長を追悼する戦いとなり、全国から参加した21校の163選手が開会式で黙とうをささげた後、白熱した攻防を繰り広げた。

...    
<記事全文を読む>