◇大相撲九州場所<7日目> 綱とりの大関豪栄道は苦戦しながらも魁聖を巻き落として連敗を免れ、1敗を守った。

 横綱陣は鶴竜が遠藤を突き落として全勝で単独首位を維持。白鵬は嘉風を送り出し、日馬富士は小結御嶽海を寄り切ってともに6勝1敗とした。

 その他の大関陣は、稀勢の里が正代に押し出されて2敗目、琴奨菊は関脇高安の突き落としに屈して4敗目を喫した。大関とりの高安は4勝目。かど番の照ノ富士は5勝目を挙げた。

 無敗の鶴竜を白鵬、日馬富士、豪栄道、新入幕の石浦が1敗で追う。◆心身充実7連勝 ぶつかり合いの激しさを物語る痕が、互いの額に赤く残っていた。鈍い打撃音を響かせた立ち合いを制したのは鶴竜。...    
<記事全文を読む>