ハンドボールとホッケーが盛んな秋田県湯沢雄勝地域から本年度、両競技の若手世代の男子日本代表コーチ、選手計3人が選出された。世界を舞台に戦う3人を紹介する。

 ◇  ◇  ◇[ハンドボール]U―19コーチ・荻田圭さん(湯沢高監督) “人間力”の向上求める ハンドボールU―19(19歳以下)男子日本代表コーチを務めるのは湯沢高校ハンドボール部監督の荻田圭さん(41)。チームは、8~9月にバーレーンで行われたユースアジア選手権で2大会ぶりの準優勝を収め、来年8月にジョージアで開かれる世界選手権(アジア枠3)の出場を決めた。荻田さんは「欧州勢の壁は高いが、8強入りを目指したい」と意気込む。

 アジ...    
<記事全文を読む>