世界最高峰のヨットレース、アメリカズカップ(ア杯)前哨戦のワールドシリーズ(WS)第9戦は19日、福岡市で開幕して6艇による3レースが行われ、日本からは2000年以来の参戦となっているソフトバンク・チーム・ジャパンは第2レースを制したが、合計21点で5位発進となった。ランドローバーBAR(英国)が27点で首位、来年のア杯(英領バミューダ)で防衛を目指すオラクル(米国)が1点差の2位。

 1851年に始まったレースはアジア初開催。ソフトバンクは第1レースで5着に終わり、第2レースでは盤石のレース運びで1着となって10点を獲得したが、第3レースでは6着だった。最終日の20日は配点を2倍にし、...    
<記事全文を読む>