大相撲九州場所6日目(18日・福岡国際センター)盛岡市出身で東前頭6枚目の錦木(伊勢ノ海部屋、盛岡・米内中)は、東10枚目の千代翔馬に内掛けで敗れ2連敗。2勝4敗となった。

 千代翔馬の突き、押しを浴びた錦木は左四つで反撃したが攻め切れず、上手を許した。下手もつかんだ相手の左内掛けに抵抗むなしく倒された。

 7日目は西10枚目の荒鷲と対戦する。

...    
<記事全文を読む>