西武の菊池雄星(花巻東高)が15日から18日まで千葉県内の施設でオーバーホールを行い、シーズンでたまった疲労の回復に努めた。楽天に移籍した岸に代わり、来季はエースとして期待される。「トレーニングは始めているのでその間のリフレッシュとしたい。再開した時にいいトレーニングができたら」と充実した表情で話した。

 海水の温水プールで体を動かした。真水にはない強い浮力を利用し、適度な負荷の中で筋肉の緊張をほぐして柔軟性を高めるのが狙い。また、新陳代謝の促進にもなり、リフレッシュ効果があるという。プールに浮かび「気持ちよくなって寝てしまった」と笑った。

 7年目の今季は初めて開幕投手に指名され、初の2...    
<記事全文を読む>