◇大相撲九州場所<6日目> 横綱白鵬が平幕遠藤に寄り切られ、綱とりの大関豪栄道は小結玉鷲の突き落としに屈し、ともに初黒星を喫する波乱。4勝目の遠藤は白鵬戦初勝利で2個目の金星。豪栄道の連勝は20で止まった。

 横綱鶴竜が嘉風をはたき込み、ただ一人全勝。横綱日馬富士は正代を押し出して1敗を守った。他の大関陣は、稀勢の里が小結御嶽海を寄り切って5勝目を挙げた。琴奨菊は星を五分に戻し、かど番の照ノ富士は4勝目。関脇高安は3敗目を喫し、場所後の大関昇進は極めて厳しくなった。首位の鶴竜を追う1敗は白鵬、豪栄道ら8人。◆玉鷲に気迫負け 最後の仕切りで、にらみ合った。秋場所の14日目、豪栄道は玉鷲に...    
<記事全文を読む>