世界最高峰のヨットレース「アメリカズカップ」の前哨戦、ワールドシリーズ福岡大会に出場する「ランドローバーBAR」(英国)のメンバーが17日、福岡市中央区今川に宿舎を構える大相撲の九重部屋でぶつかり稽古を体験した。

 幕内千代の国関を懸命に押したリオデジャネイロ五輪男子フィン級優勝のジャイルズ・スコット選手(29)は「力士はれんがの壁みたいに頑丈」とびっくり。

 同チームはレース開催地の文化を体験しており、今回は九州場所が開催中の大相撲が選ばれた。福岡大会は18日に同市中央区地行浜沖で開幕する。海ではライバルの壁を破りたい。

...    
<記事全文を読む>