アイスホッケーの「2016―17 J―アイスノースデビジョン」は、11月20日から室蘭市中島スポーツセンターで新日鉄住金室蘭(佐坂晋二監督)のホームゲームが始まる。今季は新戦力も入ってチーム力が充実、ホーム戦から一気に上位を狙う。メンバーは「最後は年明けの連盟会長杯で全国優勝」と張り切っている。

 9月に開幕した大会には新日鉄住金室蘭(室蘭)釧路厚生社(釧路)釧路東部ブレイズ(同)スケートハウス札幌(札幌)トヨタ自動車北海道センチュリーズ(苫小牧)タダノ(帯広)の6チームが出場。来年2月までホーム&アウェー方式の総当たりで1チーム10試合を戦う。

 昨季、新日鉄住金室蘭は5勝5敗の3位と奮...    
<記事全文を読む>