綱とりの大関豪栄道は小結御嶽海を危なげなく寄り切り、4連勝を飾った。3横綱は安泰。3日目に通算1000勝を達成した白鵬は小結玉鷲を突き落とし、鶴竜は魁聖を寄り切ってともに全勝を守った。日馬富士は碧山の腰砕けで3勝1敗。勝ちっ放しは平幕の蒼国来を含めた4人となった。

 大関では稀勢の里が3勝目、かど番の照ノ富士が2勝目を挙げた。琴奨菊は3連敗。大関とりの関脇高安は3勝1敗とした。

 一瞬で勝負を決めた。好調の遠藤は立ち合いで踏み込むと同時に左からおっつけ、琴奨菊の出足を完全に止めた。密着されるのを防ぐと、すかさず体を開いてはたき込む。大関が何もできないまま土俵に倒れ込むのを見届け、勝ち名乗り...    
<記事全文を読む>