23歳のプロボクサー荻堂盛太(平仲スクールジム)が、来年1月8日に豊見城市民体育館で世界ボクシング評議会(WBC)世界ユース・ライトフライ級タイトルマッチに挑戦する。プロボクシング大会「MUGEN 挑」を主催する平仲ジムが15日、会見を開き、荻堂は「3ラウンド以内にKOしたい」と宣言した。

 WBCユース王座は23歳以下の勝率8割以上、タイトル保持者など実績のある選手が挑戦できる。

 荻堂の戦績は14戦11勝(3KO)2敗1分け。ライトフライ級の東洋太平洋(OPBF)8位、日本10位で、8月の前戦の勝利で世界ボクシング機構(WBO)のランキング入りを果たした。

 荻堂は「ユースは取って当たり...    
<記事全文を読む>