沖縄伝統空手や古武道の魅力と文化的な価値をテーマにした「沖縄空手シンポジウム」(主催・県、沖縄伝統空手道振興会)が15日、那覇市の県立博物館・美術館で開かれた。識者ら4人が登壇し、伝統空手が抱える課題や今後の展望などについて意見を交わした。パネリストらは「伝統空手の発展には、県内の空手界が統一した組織をつくることが大切だ」との意見で一致した。

 「戦後の沖縄空手界の動向」と題して基調講演をした県立芸術大学の宮城篤正元学長は、明治に入って学校教育に空手を取り入れてから一般にも広がってきたと説明。

 県内の空手界は組織力が弱く、離合集散を繰り返してきたとし「伝統空手を継承・発展させるためには組...    
<記事全文を読む>