10~20人で櫂(かい)を漕(こ)ぐ「ドラゴンボート」の日本代表選手の強化合宿がこのほど、ペーロン祭の舞台でもある兵庫県相生市の相生湾であった。世界で戦う“オールジャパン”を編成するため、今春の選考会で選ばれた男女計約40人が集結。寒風が吹きつけるコンディションの中、2018年のアジア大会を目指してパドルを振るった。(杉山雅崇) 日本ドラゴンボート協会(JDBA)が初めて企画。従来、海外に参戦する日本代表は、主要な国内大会で優秀な成績を収めたチームを送り出していた。

...    
<記事全文を読む>