リオデジャネイロ五輪陸上男子400メートルリレーで銀メダルメンバーとなった飯塚翔太選手(藤枝明誠高出)のスパイクと、同パラリンピック陸上男子でともにメダルを獲得した藤枝市出身の佐藤友祈、佐藤圭太両選手のサイン色紙などの巡回展示が14日、藤枝市立大洲小で始まった。

 2017年3月14日まで市内の全市立小中学校27校で順番に披露する予定。

 展示しているのは、飯塚選手が開発から携わり、今季使用したサイン入りスパイクとサイン色紙、“ダブル佐藤”の両選手はサイン色紙と特集雑誌など。3人の写真も添えている。大洲小の児童らは飯塚選手のスパイクを前に「本物だ」「すごい」と大きな歓声を上げた。
<記事全文を読む>