2020年東京五輪・パラリンピックの事前合宿の誘致に向け、広島県がメキシコオリンピック委員会(MOC)と本格的な調整に入ることが15日、分かった。近く県と広島市の職員、県内企業の関係者がメキシコを訪れ、MOC関係者と協議する。また、MOC幹部が来年1月にも、競技施設などの視察で広島を訪問する予定。メキシコ側も前向きな意向を示しているという。

...    
<記事全文を読む>