◇九州場所3日目 横綱白鵬が結びで魁聖を豪快な左上手投げで下して3連勝とし、史上3人目の通算千勝を果たした。31歳での達成は千代の富士の34歳、魁皇の37歳を大幅に上回る若さ。年間最多の86勝を2度マークするなど強さを誇り、初土俵から16年目でのスピード到達だった。既に史上1位の幕内勝利数は906に伸ばした。

 綱とりに挑む大関豪栄道は嘉風を突き落とし、碧山を寄り切った横綱鶴竜とともに3連勝。横綱日馬富士は栃煌山を退けて2勝1敗。

 大関稀勢の里は遠藤に押し出されて初黒星を喫した。遠藤は2日連続の大関撃破。大関琴奨菊は小結玉鷲に屈して2連敗。

 綱とりを目指す大関がいても、この日ばかりは主役は...    
<記事全文を読む>