第33回全日本シニアバドミントン選手権(東京都エスフォルタアリーナ八王子ほか)石川勢は40歳以上女子単で松田奈緒子、65歳以上男子複で山本秀夫・油野徳公組がともに2連覇を果たした。このほか、1人と2組が準優勝、1人と4組が3位に入る活躍を見せた。

 来年の第34回大会は石川開催で、松田と山本・油野組に3連覇が期待されるほか、各種目で表彰台をにぎわせそう。

...    
<記事全文を読む>