ラグビーのトップ九州Aリーグは13日、広島市西区のコカ・ウエスト広島ラグビー場などで決勝リーグの3試合があった。1次リーグ1位の中国電力は、3位のマツダとの広島勢対決を31―7で制した。後半に3トライを奪ってリードを広げ、堅守で反撃を断ち切った。

...    
<記事全文を読む>