第45回日本男子ソフトボールリーグは13日、栃木県総合運動公園で準決勝と決勝が行われ、ダイワアクト(佐賀市・西日本リーグ3位)が決勝で大阪桃次郎(大阪・同2位)を4-1で下し、3年ぶり4度目の優勝を飾った。

 ダイワアクトは準決勝で西日本リーグ1位の平林金属を8-0と圧倒。決勝では1点を追う五回、7番ニコラス・ノートンがエンタイトル二塁打と捕逸で三塁に進むと、続く田中亮多の右前打と福井庸祐の2点本塁打で逆転。七回には福井のソロ本塁打で追加点を挙げた。主戦のアンドリュー・カークパトリックは初回にソロ本塁打を打たれた後は、安定した投球で後続を封じた。

 アンドリューは攻守にわたる活躍で、最高殊...    
<記事全文を読む>