アイスホッケーアジアリーグのHC栃木日光アイスバックスは13日、日光霧降アイスアリーナで5位の日本製紙と対戦し、3-7で敗れた。通算成績は10勝12敗で勝ち点は29。6位は変わらない。

 前日に延長戦で競り勝ったバックス。連勝を目指し臨んだ試合は、序盤から相手の攻撃に押された。第1ピリオド7分に先制点を許すと、同9分にも追加点を奪われた。

 3点差を追う第2ピリオド11分、DF伊藤剛史(いとうごうし)がロングシュートを決めたが、同15、17分、立て続けに失点、リードを広げられた。1-5で迎えた第3ピリオドは今野充彬(こんのみつよし)らのゴールで点差を詰める場面もあったが、その後も失点は続き...    
<記事全文を読む>