釜石市は14日の市議会議員全員協議会で、2019年ラグビーワールドカップ(W杯)に向け同市鵜住居(うのすまい)町に建設を計画する釜石鵜住居復興スタジアム(仮称)の整備費に関し、今春の概算額から最大で7億~8億円増え約40億円に上る可能性があると明らかにした。大会運営組織から設備拡充を求める指摘があったためで、対応を協議している。市は被災地開催への理解を求め、事業費と地元負担の抑制に努める考えだ。

 スタジアムは約9万平方メートルの敷地に常設6千席、仮設1万席のスタンドやピッチを造る。3月時点の概算事業費は31億9800万円で、復興交付金や助成金などを除く5億~6億円を県と市で負担する構想...    
<記事全文を読む>