来年2月19~26日の冬季アジア札幌大会の組織委員会(事務局・札幌市)は14日、全競技の入場券の一般販売を始めた。今月30日までは、大会ロゴマーク入りの限定デザインの券も選べる。

 組織委は9月から、開会式や一部競技に限って先行販売していたが、フィギュアスケートをはじめ、全ての競技日程が固まったため、一斉に販売を始めた。主なコンビニエンスストアにあるチケット販売端末で扱っている。限定デザインの券は公式販売サイト(https://sapporo2017.org/ticket/)のみの扱いで、配送料がかかる。

 真駒内公園屋内競技場で開かれるフィギュアスケート(23~26日)は前売り3千円~1...    
<記事全文を読む>