プロボクシングの東日本新人王決勝戦が十三日、東京都文京区の後楽園ホールで行われた。新座市にちなんだ「新座宏」のリングネームでフェザー級決勝戦に臨んだ同市職員渡辺宏さん(35)=フラッシュ赤羽ボクシングジム=は、木村吉光さん(20)=白井・具志堅スポーツジム=と対戦し、0-3で判定負けした。渡辺さんは「勝てなかったのは悔しいけれど、皆さんの応援が励みになった」と感謝した。

 決勝戦に臨んだ渡辺さんは、積極的に前に出てパンチを繰り出した。1ラウンドでダウンを奪い、優位に立つ場面もあった。その後は激しい打ち合いが続き、5ラウンドを終了。判定の結果、勝利を手にすることはできなかった。

 会場には、...    
<記事全文を読む>