オーストラリアで24~27日に開かれるホッケーU-16(16歳以下)国際交流大会の男子日本代表に、宮城県栗原市栗原西中3年の千葉友貴選手(15)=フォワード=と同市築館中3年の大場陽成選手(15)=ゴールキーパー=が初めて選ばれた。2人は「練習で磨いた自分の長所を出し切り、勝利に貢献したい」と意気込む。

 大会は2005年に始まったFHEカップ。日本と強豪のオーストラリア、マレーシアの計10チームが出場する。県内から日本代表の18人に入ったのは千葉、大場両選手だけ。

 9月の選考会には全国から88人が参加。日本ホッケー協会の担当者が体力と技能、戦術理解力などを審査した。千葉選手はキレのある...    
<記事全文を読む>